1. 昔校長先生が「勉強しないと視野が狭くなる。勉強しないと僅かな知識だけでこの世を理解しようとするせいで、ありえない仕組みを仮定して「分からない」を埋め立て始める。分からない物の多さが分からないからなんでも知ってる気分になってしまう」と話してたの、今になってすごく意味がわかる。

    — Twitter / N_write

    (Source: valvallow)

  2. 「キノの旅」を書いてる時雨沢恵一先生をフォローしてるのだけれど、時雨沢先生ってかなりTwitterの投稿多いのね。時事問題にもテレビにも反応が早いし、ここ一年の一日の平均ツイートが45.15件と相当なヘビー利用者。好き放題に自由に書いてTwitter楽しんでるって感じなんだけど、

    でも、個人情報はしっかり管理してる。

    時雨沢先生は旅行好きなのでたまにそうした内容をツイートするけど、

    決して旅行先で「こんな料理食べたなう」みたいなことは書かない。

    事前に行き先も書かない。

    旅行から帰ってきた後になってから「北海道に行ってきました」みたいに事後報告で済ませている。旅行での食事の写真も数日経って自宅に戻ってからツイートしたり。

    バイクもクルマも好きらしいんだけど、前に所有してたものは写真を載せても現在乗っている車種は書かなかったり、と自分の出していい情報、出してはダメな情報をしっかり見極めて徹底してTwitterを活用してて参考になる。

    今回もその場で書いちゃうから特定しやすくなるわけで、時間を置いて料理の写真をツイートするならかなり難しくなるだろうし。自分が今どこにいるか?っていう情報をインターネットで出すのは危ないので注意した方が良い。

    — カフェで写真撮ってツイートしてる人のアカウントを特定する方法

  3. メディア・パブ: 伝統ニュースメディアの信頼、米国でも凋落

    メディア・パブ: 伝統ニュースメディアの信頼、米国でも凋落

  4. 秒速5センチメートル(801ちゃんが布団から這い出す速度) →

  5. グーグル、3年間滞空できるドローンの試験を申請 « WIRED.jp →

  6. メイドカフェとかもう良いんだ…僕たちが求めてるのは保育園カフェなんだよ…。入店と同時に『ひとりでちゃんとこれたね~☆』とか言われたいんだよ…。メニューを選ぶときには『しんくん、きょうは何しよっか』って聞かれたいし食べ終わったら『残さなかったね~えらいっ』って褒められたいんだよ…。

    — Twitter / SiNxxx526

  7. Minecraftの作者Notch、成功とマイクロソフトへの売却を語る。「金のためではなく正気を保つため」 - Engadget Japanese →

  8. I’m leaving Mojang →

    As soon as this deal is finalized, I will leave Mojang and go back to doing Ludum Dares and small web experiments. If I ever accidentally make something that seems to gain traction, I’ll probably abandon it immediately.

  9. 中国嫁日記:あなたはiPhone6買う?

    中国嫁日記:あなたはiPhone6買う?

  10. 今回のiPhone 6価格発表で思ったこと
    au:初めから決めてる事にぶれがない
    ソフトバンク:発表後価格変更するなど「勝つ為に」という点でぶれがない
    ドコモ:そもそも価格が決められず「常にぶれてる」という点でぶれがない

    — TWITTER / ScreamoTAI

  11. 健常者と障害者のあいだなんて、連続なんだよ。たしかにどこかに線を引いて認定する手続きはあるけど、あいだにもいろんな段階があるんだ。特に目は連続だな

    — Twitter / 菊地誠

  12. 「RT 鍵」って文頭につけるとなんでも言えるそうなのでライフハックとしてご活用ください

    — もぐもぐ on Twitter

  13. なんでも「市民感覚」でやったら殺し合いになるから昔から法律とか作ってきたのだと思う。

    — 渡邊芳之 on Twitter (via pudknocker)

  14. 流行っている歌を聞いて、流行っている本を読ンで、流行っているファッションをして、流行っている人間になれるかというと、流行っていない遅れた人間になってしまうンだよね。

    — Twitter / 小池一夫

  15. 要するに読書感想文とか、それ以前。

    「文章をつくること」に関して、あまりに「学んでいない」のです(これは愚息が悪いと思います)。
     だから「思ったことを、自由にのびのび書け」「感じたことを、自由にそのまま書け」といわれても、彼は書けません。

    「自由に書く」ためには、「書き方」や「方法論」が必要です。しかし、そうしたツールや枠組みをTAKUZOは全く学んでいません。

     これには批判もあることでしょう。いっけん「ツールや枠組みを渡すこと」は「自由にそのまま書くこと」を阻害すると考えられがちだからです。

     しかし、僕はそうは思いません。
    「自由にそのまま書くこと」は「ツールや枠組みを渡すこと」とトレードオフではないはずです。子どもの頃、僕もTAKUZOと同じ苦い経験をしました。だから、僕はそれを渡そうと思います。

    — NAKAHARA-LAB.NET 東京大学 中原淳研究室 - 大人の学びを科学する: 悩める親のための読書感想文にわか指導法:長い文章を書くとはどういうことか!?:クララが立ち上がりましたが、味噌汁は僕も好きです!? (via clione)